アンチパリピの生存戦略

アンチパリピの生存戦略

沖縄のFラン大生 パリピが怖い

お前とJKはどれくらい離れた生き物だ? 〜カフェで話を盗み聞き〜

バイトが休みの日は、新都心のブックカフェ(メインプレイスかツタヤ)で、最安のドリンクを決めこみながら本を読み漁っていることが多い。

金が無いが時間は持て余す大学生にとって、これ以上なくコスパのいい場所なのだ。

しかし、沖縄で本が読めるカフェは限られている上、新都心のこの2店舗は常に満席近く、座れないときもザラにある。

誰だって混んでいるより空いている方が好きに決まってる。仕方なく諦めていたのだが、隣人の会話が中々面白いことに気がついた。特にJKの会話だ。

 

考えてみると僕達は、年下の価値観を取り入れる機会が圧倒的に少ないのかもしれない。

あなたがこれまでに人から聞かされた思想・価値観は誰のものであったか考えてみてほしい。その7割位以上は年上なのではないか??

年上の人に人生論を聞かせてもらうのはそう難しくないだろう。勝手に向こうから話してくるケースが大概なのだから。

しかしお前は、JKが日常でどんな話をしているのか、知る術があるのか??

リア充高校生でさえツイッターは鍵をかけるケースが増えているように感じる。

そんな中で、全く別の世界の生き物の考え方が手に入るのは凄く貴重だと思うのだ。学校ã§ã¹ãã¼ããã©ã³ã使ãå­¦çã®ã¤ã©ã¹ãï¼å¥³å­ã»ã»ã¼ã©ã¼æï¼

そして会話を聞いていて思うことは、大人からは賛否両論だが、若者の間でブームなもの(TikTokとか)は、取り上げられる若者文化の氷山の一角に過ぎないということだ。

彼らは私達と同じような高校生活を過ごしている。ただし、現代版にアップデートされたそれを。要は、スマホのある学生生活なのだ。

 

学生生活✕SNS

具体的な例を出せと言われても、正直出せない。説得力ゼロ、サンプル数1どころか1以下のクソ文章であることは自覚していますごめんなさい。

ただ、会話を聞いていて思うことがひとつ。

どんな話題での会話でも、話のどこかにスマホSNSの軸が突き刺さっているのだ。

僕達の会話だって、スマホが普及してからはそうなったかもしれない。

しかし、そこに学生生活という話題が入ることは、永遠にない。

言うまでもなく将来の人生や人格形成に大きな影響を及ぼす学生生活。(筆者は超灰色。ほぼ記憶なし)そこにスマホSNSがあるのとないのでは、コミュニケーションの形は大きく変わってくると思う。少なくとも私は、現役JKの会話を盗み聞きして感じた違和感の正体はそれだと思った。

ぜひ夏休み期間中にカフェに行く機会があったら、デジタルネイティブ共の生の声を聞いて、あなたも感じてみて欲しい。

まあ、僕が高校生活で女子と絡んでなかったから、JKのノリを知らないだけって可能性もありますけどね。

急激にそんな気がしてきた。偉そうにコミュニケーションどうのとか言ってきたが、そもそも人生でJKと話したことねーじゃんお前。解散!!!!!