アンチパリピの生存戦略

アンチパリピの生存戦略

沖縄のFラン大生 パリピが怖い

オリコンランキングの意味と、それに代わる新たな指標

rocketnews24.com

こんなニュースを見かけた。

日本で「だんご3兄弟」「世界に一つだけの花」に続く、史上3曲目のトリプルミリオン曲が生まれたらしいが全然話題になっていないらしい。

それもそのはず、その曲はAKBの「Teacher Teacher」という新曲で、前回の総選挙の投票券・握手券が特典だからだ。

これを聞いて、AKBの新曲が、CDの売上に対して話題になっていないというより、新しいトリプルミリオン曲が現れたということ自体が話題になっていないように感じた。

 

オリコンチャート=流行りの音楽ランキングだった時代

f:id:goblin7283:20180712151318p:plain

1999年以降の売上1位のランキングだが、2010年以降はAKBがトップを取り続けている。こうやって見るとめっちゃすげぇな。

どう考えても握手券・投票権の影響であることは明らかです。秋元康半端ないって。

オリコンランキングを汚すな!といった批判もよく見かけます。

こういった意見は90年代のJPOP全盛期に過ごした青春の思い出を、音楽以外の力で塗り替えられることの苛立たしさによるものが多いでしょう。

しかし、Apple MusicやSpotifyなどの定額聴き放題サービスが現れる中で、CDの売上を気にしてるティーンとか、ほぼいないんじゃね??

それもそのはず、現代は

・音楽の聴き方が多様化したこと

・そのため、ミーハー層とガチ層が分離したこと

によりオリコンチャート=流行りの音楽ランキングという構図が崩れました。

では、現在の流行りの音楽は何で見極めれば良いのでしょう。

流行りの音楽の見分け方

現在のオリコンチャートのランキング(7/12時点)を見てみましょう。

f:id:goblin7283:20180712154315p:plain

f:id:goblin7283:20180712154318p:plain

f:id:goblin7283:20180712154435p:plain

なんと9枚中8枚をアイドルとKPOPが占めています

どちらもファン意識が高まりやすい層ですね。

iTunesで1曲250円で買える中、形あるものにお金を支払いたいのはファンとして当然です。ただ単に聴くためでなく、所有欲も満たされるので。

しかし、流行を生み出すミーハー層の購入形態は変化しました。より手軽に、安く音楽を消費できる配信サービスへと。

こちらはApple Musicのランキングです。

f:id:goblin7283:20180712154030p:plain

定額配信サービスの代表格といって差し支えないでしょうね。

幅広い層に人気のJPOPはもちろん、アニメ系やアイドル、古参・実力派グループなど様々なジャンルの歌手が、10位以内に並んでます。

日本のiPhoneのシェア率が非常に高いため、様々なユーザー層の好みを反映しやすい、ってのがあるんでしょうね。

かなりバランス良く見えるんですけど、もう新しい指標コレで良くないっすか??