アンチパリピの生存戦略

アンチパリピの生存戦略

沖縄のFラン大生 パリピが怖い

【沖縄温泉ルポ】うちなーゆ【南風原町】

 今回は南風原町宮平にあるうちなーゆの感想です。

f:id:goblin7283:20180711150628p:plain

北谷にちゅらーゆという似た名前の温泉がありますが、ぜんぜん違うので注意です。

友人たちと向かったのですが、全員混乱していて行き先がメチャクチャになりそうでした。

料金は大人1名1100円くらいでした。

f:id:goblin7283:20180711151251p:plain

f:id:goblin7283:20180711151258p:plain

料金は大人1名1100円くらい。

フロントやエレベーターはかなりの年季が入っていて、どんどん期待値が下がっていきましたが、温泉自体は様々な物があり、友人と盛り上がりました!

特に1枚目の蒸し岩熱石窯風呂が特にユニークです。

浴場の中にポツンと小さな洞窟?トンネルのようなものが建っており、ドアを開けてくぐりながら入る作りになっています。

f:id:goblin7283:20180711152009p:plain

写真右上の、窓がついてるやつです。

中はかなりの煙で充満しており、天井が低くスペースも低いため、かなりの暑さでした。沖縄のサウナだとトップクラスの暑さでしょう。

蒸しと名前にあるだけ煙が多いのですが、そのためあまり他の人の顔見えず、個人的に居心地は他のサウナよりも良いです。初めて友人とのサウナバトルにも勝つことができました。(いっつも負けて牛乳買わされる)

それにしても蒸し岩熱石窯風呂ってどう区切るんでしょうね。

蒸し岩・熱石・窯風呂?

蒸し・岩熱・石窯風呂??

蒸し岩・熱・石窯風呂???

岩を蒸したり石を熱したり、中々忙しい名前ですが、すっきりデトックスされることは請け合いです。

f:id:goblin7283:20180711153026p:plain

他にもサウナが2つあり、特にスチームサウナの方はラスボスごっこができるぐらい煙がモックモクで楽しいです。普通に隣の人の顔が見えなくなるレベルです。

他に気に入った点が、プールです。

なんと浴場の中に普通のプールがあります。

f:id:goblin7283:20180711153938p:plain

ほんのり塩素の香りが漂う、あの1ミリも楽しくなかった学校時代(私感)を思い出すようなふっっっつうのプールが温泉のすぐ横にあるんですよ。ウケません?

普通にそこそこ深いので、入ってると完全にあの25mプールの感覚が蘇ってきます。

ただ、学校のプールと違い、温泉なので当然丸裸です。そのため水泳の授業中にこっそり脱ぐという背徳感を同時に感じることができます。そういうのが好きな方にはオススメです。僕は違いますけど。

f:id:goblin7283:20180711154939p:plain

水風呂初心者にも良いかもしれませんね。

 

残念な点

やはり設備の古さを感じずにはいられませんでしたが、それ以上に細かなところのチグハグさを感じます。

例えば・・・

f:id:goblin7283:20180711155132p:plain

友人と3人で行ったのですが、細長タイプのロッカー、3つ横並びでした。

宜野湾の天然温泉アロマなどは、複数人で行くと、3つか4つくらい離れたロッカーを用意してくれるので、快適なのですが、、

ここは細長い上に横並びだったため、一人が着替え終わるのを待ってからじゃないと使えず、不便すぎて逆に面白かったです。

また、渡される館内着のデザインがチグハグで、中には女性用じゃねえの??ともとれるデザインのものもあったりしました。この世で1番センスのないオバちゃんが選んだ寝間着のようです。

一番体格のいい友人がそれを着ていて爆笑しました。

正直コレを見るために行ってもイイです。

あと、意味不明な階段が多いですね。温泉から休憩所にかけて、5~6段くらいの微妙な階段が3箇所くらいあり、今自分が何階に居るのかわからなくなってウケます。

 

こんな感じで、チグハグっぷりが目立つ温泉でしたが、逆にそれらがいい味出してくれてます。まだ1回しか利用していないため、もっと突っ込みどころが隠れているのは間違いないです。この記事を読んだ方にぜひ行ってもらって見つけてきてほしいです。