アンチパリピの生存戦略

アンチパリピの生存戦略

沖縄のFラン大生 パリピが怖い

伊藤忠テクノソリューションズ【SE志望Fラン文系の就活奮闘記】

今回は就活生お馴染み超人気企業のシステム開発系子会社の伊藤忠テクノソリューションズです。

【基本情報】

就活人気ランキング毎年TOP3に入るんじゃないのか?って程の人気を誇る伊藤忠商事の子会社です。親会社が一流商社という事もあって、選考に参加していた学生は総合商社志望の方もおり、他の企業に比べると若干体育会系の気が多い感じもしました。

知名度・年収・福利厚生全てにおいてトップクラスですね。BtoB志望だけどその辺気にする方にとってはうってつけなんじゃないかと。

本社のある霞が関ビルには様々な大企業のテナントが入っており、グループワークの際には「私就活でここに来るのもう8回目だよ〜^^;」と若干マウンティングっぽい会話も聞こえてきて怖くなりました。

説明会に参加した際、担当の方にお話を伺うための学生の列ができており、そこで最後尾に並んで会話を聞いていたところ、皆のレベルの高いこと高いこと・・・

話し方や会話の内容だけで完全に住む世界が違うと感じ、またこんなレベルの学生が説明会の数だけいると聞いて大分怖気づきました。

選考のフローとしては、

①説明会参加

②筆記・適正(英語もあり)

③グループディスカッション

④面接×2?

といった感じだと思います。GDで辞退しているためよくわからないです。スイマセン。

選考の早いIT企業の中でも珍しく、経団連指定の6月選考開始を守ると説明会で話され

てました。当然それは建前でもっと早い時期から始めるんだろうと思ってましたが、実際にGDの案内が来たのが5月後半だったため、本当かもしれません。インターン参加者はもっと早いっぽい?

また4月後半に、グループディスカッションとは別のグループワークがあり、そちらに参加はしましたが、どうやら本選考とは関係なかったようです。こちらに出た学生に優先的に案内とかが来るかもしれませんけどね。

選考の案内には人間性を重視して選考との記載がありました。

実際私も筆記は全然良くなかったのですが、ESはかなり力を入れた結果通りました。

【結果】

GDの案内前に他の企業から内定を頂いたため、辞退しました。

ここを第一志望とする方は、同じ位の志望群の会社のスケジュールも考えて選考を進めることをおすすめします。